Top 記念館案内 佐藤春夫 略年譜 行事 利用案内 お知らせ ブログ
佐藤春夫記念館ホームページ


佐藤春夫 明治25年(1892年)和歌山県東牟婁郡新宮町(現・新宮市)に生まれました。
 医師である父・豊太郎が文芸にも造詣が深くまた、当時木材業で栄えた新宮には大石誠之助、西村伊作、沖野岩三郎ら先進的な文化人が活発に活動していました。そうした環境の中で春夫は文学少年として成長していきました。
 明治43年(1910年)、中学卒業と同時に上京。慶應義塾大学予科文学部に入りますが、のちに中退。
 雑誌「三田文学」「スバル」などに詩歌を発表、また「西班牙犬の家」を発表してその才能が注目されつつありましたが、大正7年(1918年)、谷崎潤一郎の推挙により文壇に登場、以来『田園の憂鬱』『お絹とその兄弟』『美しき町』などの作品を次々に発表してたちまち新進流行作家となり、芥川龍之介と並んで時代を担う2大作家と目されるようになりました。
 その著作は多様多彩で、詩歌(創作・翻訳)、小説、紀行文、戯曲、評伝、自伝、研究、随筆、評論、童話、民話取材のもの、外国児童文学翻訳・翻案などあらゆるジャンルにわたっています。
 昭和39年 5月 6日、自宅でラジオ録音中、心筋梗塞のため72歳で死去しました。

・・・佐藤春夫の主な作品・・・

『殉情詩集』 『南方紀行』 『都会の憂鬱』 詩文集『我が一九二二年』 
『侘しすぎる』 『李太白』 訳書『ピノチオ』 『女誡扇綺譚』 
『佐藤春夫詩集』 『蝗の大旅行』 『退屈読本』『文芸一夕話』
 『厭世家の誕生日』 『支那童話集』 『神々の戯れ』 
訳詩集『車塵集』 『更生記』 『心驕れる女』 詩集『魔女』
『維納の殺人容疑者』 『みよ子』 『ぽるとがる文』 『閑談半日』
『掬水譚』 『絵本FOU』 『熊野路』 『泰淮画舫納涼記』 
詩集『東天紅』 『戦線詩集』 詩劇『八雲起出雲阿国』
短編集『びいだあ・まいやあ』 『山田長政』 『奉公詩集』
詩集『佐久の草笛』 支那詩選『玉笛譜』 『自然の童話』
詩文集『まゆみ抄』 『抒情新集』 『近代日本文学の展望』 
『近代神仙譚』 『わが小説作法』 『晶子曼陀羅』 随筆集『白雲去来』
 『小説高村光太郎像』 『観潮楼附近』 『小説智恵子抄』
『わんぱく時代』 『みだれ髪を読む』 『わが龍之介像』
 『小説永井荷風伝』 『詩の本』 『極楽から来た』『美の世界』
 『詩文半世紀』 『愛の世界』 『佐藤春夫文芸論集』



| Top | 記念館案内 | 佐藤春夫 | 略年譜 | 行事 | 利用案内 | お知らせ | ブログ





Copyright (c)2005- 佐藤春夫記念会. All Rights Reserved.