Q1 ネットフォン(IP電話)サービスとは何ですか?
VoIP(Voice over IP)技術により音声をIPパケットに変換し、インターネットやIP網に乗せることにより、通話を可能とするサービスです。中継にインターネット使用することにより通話料を無料、または、非常に安価にご提供できます。
Q2 ネットフォン(IP電話)が利用できるアクセスラインは何ですか?
フレッツ・ADSL及びBフレッツです。 ADSLタイプ2、Bフレッツは、加入電話回線がないのでネットフォンのサービスのみ利用可能です。
Q3 ネットフォン(IP電話)の電話のかけ方は以前と変わるのですか?
これまでの一般電話機と操作は変わりません。ただし、なんらかのトラブル等により、サービスが利用できない場合は、“0000(ゼロを4回)”をダイヤルしてから相手先の電話番号をダイヤルすれば、加入電話からの発信とすることができます。ただし、機器に加入電話回線が接続されている必要があります。なお、加入電話から発信した場合の通話料は、NTT西日本またはマイライン・マイラインプラスに登録された電話会社からの請求となります。
Q4 音声品質は一般の電話に比べてどうなるのですか?
音声品質は、通常の電話と携帯の中間ぐらいとのアンケートが多い様です。通常の場合遅延も無く通話にまったく問題ないです。ただしIP網を利用した通話であるため、ネットワークのトラフィック量等によって品質に影響がある場合も考えられます。
Q5 通話中にインターネットは同時利用できるのですか?
インターネットと同時に利用できます。
Q6 ネットフォン(IP電話)の利用にあたり、パソコンは必要ですか?
機器の各種設定にあたってはパソコンが必要となりますが、ネットフォン(IP電話)サービスの利用の際は、パソコンは使用しません。
Q7 利用出来ない電話付加サービスはありますか?
別表(ご利用になれないサービス一覧)をご参照ください。
※ご利用になれないサービス一覧
Q8 IP電話対応機器を設置すれば、サービスが利用できますか?
ネットフォン(IP電話)サービスを利用するためには、別途リフレとネットフォンサービスのご契約が必要であり、機器を設置しただけでは利用できません。
Q9 ネットフォン(IP電話)の有料通話料金はどのように請求されますか?
弊社のインターネット接続料金と一緒に請求させて頂きます。
Q10 ネットフォン(IP電話)機器はどんなラインナップなのですか?
音声をIPパケットに変換することで、接続された一般の電話機からネットフォンのお客様向けIP電話サービスを利用することができる通信機器です。
NTT西日本の場合
・IP電話対応ADSLモデム内蔵ルータ(商品名:ADSLモデム-NVIII)
・IP電話対応ブロードバンドルータ(商品名:Web Caster V110)
・IP電話対応電話機アダプタ(商品名:VoIPアダプタ)
Q11 レンタル料金及び販売価格はいくらですか?
具体的なレンタル料金(月額)については、以下のとおりです。(スプリッタ利用料金を除く)
・IP電話対応ADSLモデム内蔵ルータ:462円
・IP電話対応ブロードバンドルータ:315円
・IP電話対応電話機アダプタ:315円
※上記の「IP電話対応ADSLモデム内蔵ルータ」のレンタル料金はNTT西の場合で、NTT東の場合は462円です。
販売価格については、以下のとおりです。
・IP電話対応ADSLモデム内蔵ルータ:16,800円(スプリッタ同梱)
・IP電話対応ブロードバンドルータ:19,950円
・IP電話対応電話機アダプタ:15,540円
Q12 機器の工事は自分でできるのですか?
お客様による工事が可能です。IP電話対応電話機アダプタを接続してパソコンで設定します。
Q13 工事料はいくらですか?
リフレが出張可能な地域(新宮市近辺 3150円〜)

NTT西日本の工事料は以下のとおりです。
・IP電話対応ADSLモデム内蔵ルータ(スプリッタ込み):7,665円
・IP電話対応ADSLモデム内蔵ルータ(スプリッタなし):5,775円
・IP電話対応ブロードバンドルータ:4,620円
・IP電話対応電話機アダプタ:4,620円
工事内容により工事料が変動する場合があります。
Q14 どのIP電話サービスとも通話できますか?
弊社と提携しているIP電話(050-)のみで、提携していないIP電話サービスとは通話できません。(話中音になります)
Q15 機器のレンタル料金はどのように請求されますか?
機器のレンタル料金は、フレッツアクセスラインの料金とあわせてNTTより請求されます。
Q16 専用番号「050−××××−××××」はどこから付与されるのですか?
申込時に弊社よりネットフォン(IP電話)サービス専用の番号付与致します。
Q17 ネットフォン(IP電話)機器に接続できる端末はどのようなものですか?
一般のアナログ電話機が接続できます。ISDN専用端末、ビジネスホン等の接続はできません。
Q18 複数の電話機を接続して利用できますか?
単回線対応ですので、接続可能なアナログ電話機は1台となります。コードレスホン(親機+コードレス子機)等の接続は可能です。
Q19 スプリッタにMODEM、PHONE(またはTEL)という2つのポート(差込口)がありますが、PHONE(TEL)のポートに2台目の電話機をつないだら同時利用できますか?
同時利用可能です。ただし、スプリッタに接続している電話機からは加入電話による発着信、機器に接続している電話機からはIP電話サービスによる発着信に限定されます。
Q20 ネットフォン(IP電話)サービスを2回線同時に利用することは可能ですか?
フレッツ・ADSLまたはBフレッツ1契約につき、ネットフォン(IP電話)サービス1回線のご利用となります。
Q21 ネットフォン(IP電話)サービスでFAXは使えますか?
G3、スーパーG3規格のFAXはご利用は可能です。(ただし、IP ネットワーク上での遅延等により通信が失敗する場合があります)
Q22 ネットフォン(IP電話)サービスで通話しているか、加入電話で通話しているかどこでわかりますか?
発信時の音と機器のランプ表示で確認することができます。IP電話で発信する時は「ププププ」音が鳴ります。ランプ表示については機器により異なります。
Q23 ネットフォン(IP電話)対応ADSLモデム内蔵ルータは、フレッツ・ADSLのすべてのプランに対応していますか?
ネットフォン(IP電話)対応ADSLモデム内蔵ルータはフレッツ・ADSLのすべてのプラン(モア/8M/1.5M)
に対応しています。
Q24 ネットフォン(IP電話)サービスから国際電話はどのようにかけるのですか?
これまでの一般電話機のダイヤル操作と変わりません。ただし、なんらかのトラブル等により、ネットフォン(IP電話)サービスが利用できない場合は、本機器の場合“0000(ゼロを4回)”をダイヤルしてから相手先の電話番号をダイヤルすれば、加入電話からの発信とすることができます。ただし、通常国際電話料金となります。電話会社からの請求となります。
Q25 ネットフォン(IP電話)サービスから携帯電話/PHS等へもかけられますか?
ネットフォン(IP電話)サービスは対応していませんが、一般回線経路での通話になります。携帯電話への発信が可能になりました。19円/1分(税込19.95円/1分)(docomo,au)
Q26 ネットフォン(IP電話)サービスに着信できない電話はありますか?
2003年10月23日以降、固定電話からIP電話への着信が可能になりました。
Q27 ネットフォン(IP電話)サービスから発信できない番号はありますか?
機器に加入電話回線を接続している場合は、これまでの電話サービスと同様に発信することができます。ただし、110/118/119番など「1●■」(184除く)という形式の番号への通話や「#」で始まる番号については、IP電話サービスとしての接続は行わず、自動的に加入電話からの発信となります。ただし、機器に加入電話回線が接続されている必要があります。なお、加入電話から発信した場合の通話料は、NTT西日本またはマイライン・マイラインプラスに登録された電話会社からの請求となります。なんらかのトラブル等により、ネットフォン(IP電話)サービスから発信できない場合があります。その際は、電話番号の前に“0000(ゼロを4回)”をつけて発信してください。
Q28 ACR(LCR)機能付きの電話機(アダプタ)を利用しているのですが、問題ありませんか?
ACR機能またはLCR機能のついた電話機をお使いの場合は、発信できない場合がありますので、ACR(LCR)機能のアダプタは取り外していただくか、電源をお切りください。また、ACR(LCR)機能付き電話機をご利用の場合、設定をOFFにしてご利用ください。
Q29 機器の故障などは何処に連絡すればいいですか?
機器故障に関するお問合せ0120−248995(24時間受付)
「IP電話サービス対応機器」の取扱いに関するお問合せ0120−109217
(平日9:00〜17:00)
※上記文中の料金には消費税が含まれています。