本院が所在する和歌山県新宮市は、三重県との県境を流れる熊野川の河口にひらけた小都
 市で、本宮大社、那智大社と共に熊野信仰の地 (世界遺産登録) として知られ、古より文化の
 薫り高き地方として広く知られてきました。
 
  本、岩ア病院は昭和35年8月、当時、新宮市を中心とする紀伊半島南部のこの地域が、精
 神科医療の専門医療機関が皆無に近い状況におかれていることに対応すべく、少しでも地域
 の方々のお役に立つことが出来ればとの思いで、専門スタッフの整備や地元の人々の理解に
 対する努力を重ねつつ、地域行政機関の協力を得て、当地方最初の精神科専門の入院及び
 通院可能な病院を設立いたしました。
 
  その後、昭和54年4月には法人化すると共に、その内容の一層の充実を計り、更に平成7年
 10月には旧市街の中心地に小規模ながら「 いわさきメンタルヘルスクリニック 」(診療所) を
 設けました。
 その際、法人名を「両茂会」と改め今日に至っています。

 南紀の恵まれた豊かな自然環境の中で
『歩み寄る人に安らぎを』 を
日々のモットーとして、人権に配慮された
精神科医療の向上に努める。

岩ア病院 沿革
岩ア病院 沿革